創業寛政八年 技と心を伝えて二百有余年 肥前鹿島手造りの蔵 矢野酒造

竹の園 還ル

竹の園還ル」とは

五代目和良の時代、大正天皇の即位という慶事に、皇族を表す言葉である「竹(たけ)の園生(そのう)」の名を戴き「清酒 竹の園」は誕生いたしました。

その名には竹のようにしなやかで生命力溢れる酒であってほしいという願いが込められていたと言います。

そして八代目善紀の時代、昭和十六年頃からの米不足で日本酒にアルコールの添加が始まり、酒量の確保はできましたが酒本来の風味は損ない始めました。

そこでもう一度、水と米だけの酒を造ろうと昭和六十二年に純米酒への取り組みを始め、平成十五年には純米酒宣言を行い「肥前蔵心(ひぜんくらごころ)」に力を入れてまいりました。

その結果福岡国税局酒類鑑評会大賞など数々の賞を受賞してまいりましたが、九代目元英が杜氏となり研鑽を積み始めた平成三十年。今一度原点を振り返り、酒造りに関わるあらゆる微生物の力強い躍動を味わいに体現すべく、小手先の技術に頼らない伝統的な製法で醸造していくという思いを込め、「竹の園還ル」は誕生いたしました。

そして初めての商品「純米大吟醸愛山(あいやま)」は、偶然にも天皇の即位で「令和」へとかわる年に発売を開始いたしました。

そして2020年搾り機を新調し初めての商品である「ナチュラリィ」がこのシリーズ第二弾として生まれました。

新たな時代と共に。これからも温故知新をモットーに国酒「竹の園還ル」を生みだしてまいります。

矢野酒造株式会社
< 前のページ
次のページ >
4件 [ 1-4 ]

おすすめ商品